体全体でぼっき不全(ED)改善

こんにちは。ボッキーズ石塚です。

人の体は面白いです。
いつも書いていることですが、協調し合いながら人の体は動かしています。

ぼっき不全(ED)と言えば陰茎を想像して、そこに流れ込む血流を考えることは間違いないと思いますが、もっと人の体を理解して、体全体の原因を解消してあげることが大切だとボッキーズは考えます。
何故なら、ぼっき不全改善が目的ではなく、その先にある未来に行くことが目的ですので体全体が健康でないといけません!
それに、ぼっき不全(ED)の原因も人それぞれ違いますし、複合的な要因であれば体全体で考えてあげる必要があります。

精巣は偉い!

前回の記事で精子を作る為に「血流とホルモン」の話をしました。
血流に乗って運ばれるホルモン(卵胞刺激ホルモン: FSH)が精巣に到着して、精子を生成します。

卵胞刺激ホルモン: FSHの他に運ばれる黄体形成ホルモン: LHは精巣で男性ホルモンの分泌を促します。
男性ホルモンは性的興奮状態を増加したり、血管を拡大して陰茎海綿体へ血流が多く流れるようにするなど、ぼっきに必要な作用をしてくれます。
そんな男性ホルモンの95%は精巣で作られていますので、精子の生成だけでなくぼっきするためにも重要な組織なんです。

何を隠そう、以前のボッキーズは「精子が少ない」「精子の運動率が悪い」にプラスして「ぼっき不全」の三冠王だったのです。
どれだけ精巣をいじめてきたのか…と思うと、僕の精巣さん「ごめんなさい!!」って感じです。

そして、男性ホルモンは精巣だけで作っている訳ではありません。
副腎という組織でも分泌しています。

副腎も偉い!

男性ホルモンを分泌する為に脳の視床下部からGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)が分泌され、それにより脳の下垂体からは性腺刺激ホルモンのLH(黄体形成ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)が生産されます。
そして副腎に運ばれて男性ホルモンを分泌するルートもあります。

この様に”ぼっき”一つにしても脳からのホルモン分泌、ホルモンの輸送、血管の拡張、血液の流入など様々な組織が良い仕事をしてくれているのです。

そう考えると各組織を正常に、健康にしていくことが大事だと思いませんか?

細胞が元気でいられるの「お水」があるからです

私達人間の体を形作っているのものは細胞です。細胞が寄り集まって私達の体を作っているのです。
その細胞が元気であることがぼっき不全の改善につながります。

人間の細胞は化学反応を繰り返しています。
そうすることでエネルギーの生産や物質の合成を行っているのですが、化学反応ができる環境を作っているのが「お水」です。
細胞の中にはもちろんお水が存在します。
それが細胞内液です。
エネルギー生産やタンパク質の合成など化学反応に細胞内液が深く関係しています。

細胞内の水が不足すると細胞の活動に悪影響を与えます。
化学反応が起こることで老廃物が生じますが、水分が少ないと老廃物を上手く処理できません。
するとゴミが多い水たまりと一緒でドロドロの状態になっていきますね。
ドロドロだと化学反応も上手く行えません。

水が不足することで悪循環を繰り返すのです。

先ほどの”ぼっきする仕組み”を想像してみて下さい。
ひとつ正常に動作しない組織があると”ぼっき”しにくくなっていきますね。

現代人は水不足

この話は前回の投稿で話した水不足とつながります。

細胞の活動は体の各組織が動くことが基本中の基本です。
なので、ぼっき不全でお悩みの方は基本中の基本を見直して頂きたいのです。

人間の一日の水分排出量は約2,500mlです。
呼吸や汗で約900ml、尿と便で約1,600mlの水分が排出されています。

水分不足を防ぐ為には2,500mlの水分を接種する必要があります。
体の中で代謝によって約300mlの水分が生まれます。
食事で約700mlの水分が接種できると言われています。

そうすると最低でも約1,500mlのお水を飲料水として飲む必要があります!

飲料水はコーヒーやお茶ではなく「お水」を飲んで下さいね!

しっかり水分補給して細胞全体を上手に活動させて体全体を健康にしちゃいましょう!
そうすることでぼっき不全も自然に改善しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

血液は優秀な運び屋さん

次の記事

感情を揺さぶれ!