日本の少子化をストップ!体の改善だけではない、心も高めていこう!

体も心も猛ること!それが改善!!

こんにちは。
不妊改善コンサルタントのボッキーズ石塚です。

今日は 勃起不全と不妊を改善する為に日本に必要な根本的な問題「勃起不全や不妊を改善することだけでは日本の少子化を止められない」ことを考察していきます。

改めて自己紹介です。

私は数年前、勃起不全と不妊に悩んでいました。
男性にとって勃起不全は男の尊厳を失います。
妊娠活動や性生活以外にも自己肯定感が非常に下がって行きます。

これに不妊治療をしている方は心も体もお財布もボロボロでビジネスも上手く行いかない状況になります…

私自身がそうでした。

しかし、このような体になったのは日頃の生活習慣が原因と考えました。
生理学や栄養学などを学び、書籍を読み、研修者に会いに行き、教えを請い、改善方法を実際に自分自身の体で実践したのです。

勃起不全と不妊は生活習慣病

勃起不全と不妊は慢性疾患であり、その原因は生活習慣にあります。
生活習慣病と言うとその原因は食事、運動、ストレス、喫煙、飲酒などがあげられますが食事に大きな原因があると考えています。

ひとの体を形作っているのは食事です。そしてひとの体の大半はお水で出来ています。

それに私が大きな病気や怪我をしていないのに突然に勃起不全になるという事は、食事で体に入れた化学物質などの有害物質が積み重なった結果と言えます。

なので!

食事とお水を整えると体が変わり出します!

私自身、80Kgあった体重は60Kgに!誰でも自然と整っていきます!

現代人の多くが糖質からのエネルギー生産している体質です。
それを昔ながらの脂質のエネルギー生産に変えることもできるのです。

この様な体作りの為に私はひとの食性に拘り、お水も整えました。
もちろん勃起不全は改善!そして、2018年に男の子を授かり、2019年には女の子を授かり2児の父になったのです!

勃起不全や不妊という病気はない

民俗学的に考えても昔から勃起不全や不妊という病気はないと考えています。
そんな病気が存在していたら人類は生き残っていけません。

現在までの歴史の中で大きな人口減少は何度かありました。
その殆どの原因が気候変動による食料に減少によるものと言われています。

それと、「明るい未来が想像できない…」その様な政治や生活環境が増加に歯止めをかけているとも言われています。

まったくその通りだと思います。

モノは溢れているのに健康、お金、政治など生存することへ不安は増すばかり、明るい未来を描けない日本になってきています。
その証拠に若者の自殺率は先進国の中でトップです…
それだけ幸福感がないということです…

日本はこのままでは…

日本の出生数と合計特殊出生率(Wikipediaより)

人類が存続し続けるには平均1人の女性から2人以上の子供が産まれる必要があります。

しかし、今は合計特殊出生率と言われる1人の女性が出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均が2人を割っています。

このままでは日本がどうなってしまうのか?
世界から日本人が居なくなるなんてことが起きては大変です!

本来の健康な体を取り戻して勃起不全も不妊も改善することはもちろんなのですが、それだけでは生まれてくる子供達に楽しい日本を継承できません!
結果的に少子化を止められないことになってしまいます!

そうです!勃起不全と不妊を解消しても幸せな環境が訪れる訳ではありません。明るい未来を想像し、創り上げる心も作らないと本当の改善とは言えないのです!

ボッキーズは 勃起不全と不妊改善と合わせてあなた自身の明るい未来を想像し創造する心(力)作りも行います!

明るい未来作りにも貢献する為に一般社団法人みんな天才化機構に参加し、スーパーバイザーとして活動し、情熱を掛ける人生や志事作りのお手伝いをしています。
https://allgeniuses.com/

ボッキーズで少子化にストップ!

日本人本来の力を取り戻し、明るい未来を描く大人を増やして日本の人口増加を後押しして行きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です